FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロライブ【落ち込み中】

20110515.jpg
リハーサル風景です

5/15、東京荻窪、かん芸館でのいがりまさしソロライブ終了しました。
荻窪の住宅街にあるかん芸館は、隣が図書館と体育館、そして池のある公園。
5月の緑の中、エゴノキや、ヤマボウシ、ノイバラの花が咲く
最高のロケーションのホールでした。

PAを一切使わない、True Unplugedのライブでした。
時節柄、電気を使わないライブは意味のあることだと思いましたし、
なにより、ギターの音と肉声を生で聴いていただけることは
少人数ならではの得難いライブ。

プロモーションもまずまず成果を上げ、
だいたい見こんだ通りの集客となりました。

百花繚乱、五月晴れのなか、フィールドへの思いを断ち切って^^
足を運んでくださった植物ファンのみなさま、本当にありがとうございました。
また、受付や物販を全面的にお手伝いくださった関東支部の皆様、
ほんとうにありがとうございました。

それに見合う素晴らしいライブにしようとがんばりました。

だが、録音を聴きなおしてみると、愕然。

音楽が薄っぺらい、説得力がない、独りよがり...

ギターのミスや、歌詞を間違えたりということは、
地道に練習を続け、真摯にライブに取り組めば、いつかなくなるものと信じています。
しかし、音楽そのものの説得力に欠けるのは致命的だと考えています。
True Unplugedの難しさもありますが、生で聴かせられなければ本物じゃない。

前日に、豊川でソロライブを成功させたYancyの録音を聴きました。
1曲だけでで、しかも、iphoneの音質の良くない録音でしたが
Yancyが確実に、それまで指摘されていた弱点を克服し、
彫の深い説得力のある音楽を作り上げているのがわかりました。

私たちはパートナーであると同時に、ライバルでもあります。
今回はちょっと水をあけられた感じです。

さてさて、私はこの舌足らずの音楽をどう心に届くものにしていったらいいでしょうか。

今週半ばから北海道に渡ります。

さいわい、北海道のフィールドには静かな森や海辺がいくらでもあります。
外で歌っても寒さも気にならない季節になってきます。
北海道の大地を相手に、もう一度、30年前に作った「北恋歌」から
歌いなおしてみようと思っています。

7月にはThe1212でのライブを、東京と豊橋で企画中です。

それぞれ、パワーアップしたThe1212を楽しみにお待ちください。

※ギターは、YAMAHA LS-36 ラリビーとマーチンの中間的な感じの繊細なギターです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ライブ素敵でしたよ! あまり落ち込まないでください。
かん芸館に響く優しいギターの音色と柔らかい歌声にうっとりでした。

震災で中止となったライブが こんなに早く、私たちが望んだ通りに行われるとは夢にも思わず、関東支部一同、大感激でした。

ワインもほどほどに 北海道で精進して下さいませ。 
パワーアップしての7月のライブを待っています。

こんにちは

maticさんこんにちは。
先日、サクラ座でのフォークなひとときも終わりました。
本当に楽しかった。何か目的を持って切磋琢磨すると結果がついてくると今更思う今日この頃です。
ヤンシーさんともっちーさんのジョイントも大成功でよかったですね。
聴きたかったな~。
これから北海道への長丁場ですね。
お帰りを首を長くしてお待ちしております。

No title

城田じゅんじさんのライブのO.Aをよろしくです。
マネージャーさんの了解は頂きましたので。

No title

Lilyさん、ご心配ありがとうございます。
ちょうどよいテンションで前向きに落ち込んでいます^^
音楽が未熟なのは「遊び」が足りないのかもという説も...
すすきのがよい道場でしょうか^^;^^;^^;
・・・というくらい応えておりませんのでご心配なく。

No title

フクちゃんさん、フォークなひとときお疲れさまでした。
東京でも「あんたも三河かん」の一番は、「豊橋かん、豊川かん、新城かん」と歌いましたよ。苫小牧行きのフェリーを待ってます(仙台ではないですが...)

マスターTさま
ラジャー!楽しみにしています。あらためて城田さんのCDを聴きなおしています。2002年の4月に、坂庭さんと、アンクルトムに来ていただいた時、購入したもので、お二人のサイン入りです。
フィンガーのアイリッシュチューンが美しすぎます。若き日に、ジョンレンボーンにあこがれた頃を思い出しました。
街で、まぢかに城田じゅんじさんの指さばきが見られるなんて夢のようですね。

No title

こんにちは!maticさん。本日、The1212のCDが売れました。貼ってあるチラシをみて、この方は・・・・と話しが弾んだので、「プレゼントします」といったら、「買わなければ意味がないよ」って・・・その後、彼のお母様から、又電話が入って「今帰りの車の中で聴いて感動しました。私用にも1枚欲しいから、分けて下さいね。」といってきました。しみじみ聴いてくださったのですね。
彼は、前芝小学校で、いがりさんに卒業アルバム写真をとってもらったと、言ってました。植物写真家の前には、人物も撮ってらしたんですね。こんどみせてもらえることになっています。
ところで、6月19日の夜は、空いてませんか?まだ、Yancyには訊ねてないのですが、夏至の日に電気を消して、野外キャンドルコンサートができないかなって・・・
ここまで、打って、よくよくブログを拝見すると、北海道なんですね。
わたしら、地元の仲間は上は80歳から、20代まで、こちらのお山をゆっくり歩きながら、勝手に遊歩道をつくったり、本を出したりしている集まりです。梅園も手作りしちゃったので、ここで1212のライブをって、想像をめぐらせちゃいました。また、何か企画させて下さ~

No title

pikalinさん、ありがとうございました。
前芝中学校(小学校ではないですよ)では、独立から3年間、卒業アルバムを撮影させていただきました。稲穂をバックに個人写真を撮らせていただいた想い出があります。のどかでとてもよい学校でした。
現在も、植物以外にも撮ってますよ。牛川小学校の卒業アルバムは、8年ほどやってます。
夏至のイベントは残念ですが、また懲りずに声をかけてください。

素敵な方でした

先日の荻窪のライブに初めて参加させていただいたものです。「四季の花撮影」という本でいがりさんの写真と文章に感激し、スミレのホームページからこのライブがあることを知って参加させて頂きました。
あれだけ素晴らしい花々の表情を捉えるいがりさんは歌ではどんな表現をなさるのか興味がありました。予想通りの穏やかな方でしたが、心の底に秘めた情熱が感じられる方でした。その人の人間性や感性が芸術として実を結ぶんだと思ったものです。音楽もお話も楽しめ、休憩時間には少しお話も出来、私にとってはすばらしい一日でした。私もこれからまた新しい一歩を踏み出して行こうとそんな気持ちを頂きました。参加者をこんな気持ちにさせられるって素晴らしいことではありませんか?
人生道半ばの歌のようにいがりさんの芸術活動もきっとこれから後半戦が始まるんでしょうね。いがりさんの花々を写し撮るその確かな目で自然を眺め、自然にヒントをもらいながら素晴らしいネーチャーソングをこれからも生み出して行って下さい。中之条の歌のように・・・。

No title

i_tkzwさん、ありがとうございました。
「四季の花撮影」は1998年の本だと思いますから、すでに、13年前の本になってしまいました。自分でも気に入っている一冊ですが、ムックでしたから、初版刊行後数年で絶版になってしまいました。
この本の当時から、知っていただいていたとは、長年活動を続けてきてよかったと心から思います。
「デジタル版四季の野の花撮影」の構想はだいぶ前からあるのですが、なんとかWeb上に展開してみたいと思っています。
ありがとうございました。
プロフィール

the1212

Author:the1212
ネイチャーフォークデュオ
The1212のブログです。

ライブ情報
The1212のホームページ
The1212ライブ映像
「君の翼」最新映像
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。