スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるにれ【エッセンスライナーノートvol.1】

ネイチャーフォークエッセンスの曲を、一曲ずつ紹介してゆきたいと思います。

はるにれ
作詞・曲 いがりまさし May 2011
Key of B(Gフォーム4Capo)

G / D / Em / Bm / C Am7 / G Em / CM7 Am7onD / Gsus4 / G

   G     D      Em   Bm   C
1.霧の中にたたずむ 孤独なはるにれの木

Am7 D7  G   Em  CM7  C#dim Am7onD D7
いつの頃からこの地に その根を下ろしたのか

G     D    Em Bm   C
大空にあふれる 光と水を浴びて

Am7 D7  G Em  CM7 Am7onD Gsus4 G
命の   尊さを 大地につなぎとめる

  Em Bm C  G  C C#dim Am7onD D7
※幾万回もの朝焼けを 君は迎えたことか

  Em Bm C  G  C C#dim Am7onD D7
※幾万回の嵐の夜を 君は過ごしたことか

 G     D     Em   Bm   C
▲霧の中にたたずむ 孤独なはるにれの木

 Am7 D7  G  Em CM7 Am7onD Gsus4 G
▲悠久という名の時が 君の梢に宿る

G / D / Em / Bm / C Am7 / G Em / CM7 Am7onD / Gsus4 / G


2.この世から悲しみが 消えないそのわけを
涙を流すことのない 君なら知ってるかい

人はどこから生まれ どこへ帰ってゆくのかを
どこにも動くことない 君なら知ってるかい

幾万羽のヒバリのさえずり 君は耳にしたことか
幾万人の人の涙を 君は目にしたことか

▲くりかえし

※くりかえし

▲くりかえし

悠久という名の時が 君の梢に宿る


【ライナーノート】2011年の5-6月の北海道の取材中に作りました。先輩植物写真家の姉崎一馬氏が、1973年に写真絵本「はるにれ」という本で紹介した、豊頃町にあるハルニレの木がテーマです。この年、久しぶりにこのはるにれを訪れました。
大震災から3カ月。人間という存在がどれだけ小さいか、命という糸がいかに細くてはかないものであるか、思い知らされました。
北海道の歴史をすべて見降ろしてきた、樹齢140年のはるにれ。彼なら、なにかを知っていそうで、問いかけてみたくなります。むろん、木は口を開きはしませんが、黙したまま、一番大事ななにかを語ってくれようとしているのかもしれません。

【演奏ノート】
AG(L-27)
Tenor Rec.
EB

作曲当初は、3apoのB♭で歌っていましたが、その後半音あげて歌っています。自分の声としてはここがベストのようですが、Bメイジャーは、楽器によっては演奏が困難です。テナーリコーダーもかなり吹きにくい調ですが、なんとか演奏しています。標準的な男声ボーカルなら、2CapoCフォームのDくらいが歌いやすいと思います。女性なら、Gフォームの2-3Capoくらいでしょうか。どちらかというと男声ボーカルで歌ってほしい曲です。男声合唱の編曲もいいだろうと思って書きかけていますが完成していません。
ギターのアルペジオは、CM7-C#dim-Am7onD-D7のベースラインの流れを出すと雰囲気が出ます。

※ネイチャーフォークエッセンスの楽曲は、1曲のアメリカ民謡をのぞいて、すべていがりまさしのオリジナル楽曲です。プロ、アマチュア問わずライブなどでの演奏は歓迎しています。Youtubeなどへのアップも基本的にはOKです。(問題がある場合は削除要請をすることもあります)ただし、演奏に当たっては、作者を明示すること。商業販売される録音、録画については事前にご相談ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

the1212

Author:the1212
ネイチャーフォークデュオ
The1212のブログです。

ライブ情報
The1212のホームページ
The1212ライブ映像
「君の翼」最新映像
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。