スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターストーリー

rb.jpg

今使っているギター、今まで使ってきたギターのこと、
写真とともにアップしました。
若き日の写真も^^;
ぜひご覧ください。

http://www.plantsindex.com/the1212/instruments/index.htm
スポンサーサイト

よみがえったギター

30年前に購入したギターを調整に出しました。
当時いただいていた日本育英会の奨学金をあてて、中古車ほどのローンを組みました。
The1212をはじめてから、時々使ってみたのですが、芯があるのはいいのですが、倍音の響かない歌いにくい音色のギターでした。購入当初は演奏曲のためのギターだったので、まあ弾き語りには向かないか、と手放すことも考えました。
ラリビー

ところが、ところが、調整から帰ってみると、弾きやすくなっただけではなくて、なんとも繊細な倍音が響くとてつもない美しい音色になって帰ってきたではありませんか。歌のバックにもピッタリです。

カナダのラリビーというメーカーのものです。ラルビーともラリヴィーとも表記されます。モデルはL-28?1980年代までは職人のJeanが作ったギターに、奥さんがインレイを施すという完全手作業のメーカーでした。これは1980年か81年に購入したものなのでその時代のものです。現在では同様な体制の手工芸品的なものは100万円を超えるものが主流ですが、これはそんなにはしません。今よりも材料の木材も豊富な時代でしたから、今考えるととてもお買い得だったのかもしれません。(それでも学生には高価でしたが)
http://www.katch.ne.jp/~eadgbe/Photo_Essay_Top/Photo_Essay/Larrivee.htm

インレイのデザインはユニコーンです。当時のものは、一本一本デザインが違うそうですが、ネットで検索した画像の中でも、私のユニコーンが一番美しいと思えるのは欲目でしょうか^^;
Larrivee.jpg

9月4日のライブでは、メインギターとして活躍の予定です。
ライブでのお目見えは初めてです。
ピックアップを通してどれだけ音色の魅力が伝わるかはわかりませんが、
ご来場予定の方はそれもお楽しみにしてください。

「楽器は大事だから無理してもいいものを買いなさい」と当時すねかじりの私に言ってくれた両親には感謝しましょう。ちなみに、育英会奨学金は、卒業(中退)後、15年で完済しました^^

調整してくださったのは江南市のスタジオMさん
http://www.studio-m.net/
ありがとうございました。

続きを読む

プロフィール

the1212

Author:the1212
ネイチャーフォークデュオ
The1212のブログです。

ライブ情報
The1212のホームページ
The1212ライブ映像
「君の翼」最新映像
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。