スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるにれ

harunire.jpg

北海道は十勝平野、豊頃町にある有名なはるにれの木です。
姉崎一馬さんの写真絵本「はるにれ」(福音館)で有名になりました。
同書は姉崎さんの若いころの出世作。
霧の中のはるにれ、霧氷をつけてたたずむはるにれ、緑の葉を広げるはるにれ、
文字は一切ない写真だけで構成された絵本です。

今や「あねさん」は友人ですが、植物写真を志したアマチュア時代
冨成先生についで尊敬する写真家でした。
あ、今ももちろん尊敬してます^^;
昨年は、山形県のおたくにおじゃまして、
鹿のカツを食べさせていただきました。

いつか作りたいと思っていたはるにれの曲。
できました。

http://www.plantsindex.com/the1212/20110604harunire.mp3


カラオケボックスに録音機材をもちこんでのレコーディングです。

はるにれ
2011.5.28
作詞、曲 いがりまさし

1.霧の中にたたずむ 孤独なはるにれの木
いつのころからこの地に その根を下ろしたのか
大空にあふれる 光と水をあびて
命の尊さを 大地につなぎとめる

幾万回もの朝焼けを 君は迎えたことか
幾万回の嵐の夜を 君は過ごしたことか

霧の中にたたずむ 孤独なはるにれの木
悠久という名の時が 君のこずえに宿る


2.この世から悲しみが 消えないそのわけを
涙を流すことない 君ならしってるかい
人はどこから生まれ どこへ帰ってゆくのかを
どこにも動くことない 君ならしってるかい

幾万羽のヒバリのさえずり 君は耳にしたことか
幾万人の人の涙を 君は目にしたことか

霧の中にたたずむ 孤独なはるにれの木
悠久という名の時が 君のこずえに宿る

幾万回もの朝焼けを 君は迎えたことか
幾万回の嵐の夜を 君は過ごしたことか

霧の中にたたずむ 孤独なはるにれの木
悠久という名の時が 君のこずえに宿る






続きを読む

スポンサーサイト

中之条の歌

群馬県なかのじょう山里テーマパークのお招きで、昨年、撮影観察ワークショップと、ライブをさせていただきました。また今年もお招きいただくことになりました。

http://yamazato.info/taiken/taiken300.html

昨年、オリジナルソングを作ってほしいといわれていたのですが、やっと完成しました。
今年は、これを持って中之条にうかがいます。

「生まれたての風」詞・曲 いがりまさし(2011)
中之条のエコさんが、もうyoutubeにアップしてくれました。
エコさんは、中之条でイチゴなどを作っている、よしだ農園のオーナーです。
「生まれたての風」のモデルになった方です。
http://yamazatotaiken.blog96.fc2.com/blog-entry-359.html

本にはさんであった一万円札

古い本を読み返していたら、はさんであった壱万円札を見つけたってことありませんか?
そんな感じで30年以上前に書いた曲を見つけました。
古いカセットテープを整理していたら出てきたのです。
その頃の曲の大半は、使い物にならない曲ですが
これは今聴いてもちょっといい曲。
歌詞を書いたノートも見つかりました。
1979年8月、この年の夏休みは河合塾の夏期講習に通っていたはず。
どうやら受験勉強のさなかに書いた曲らしいです。
受験に集中するためギターの弦ははずしてあったはずなのに
どうやって作曲したのでしょうね^^;

夢見る少女よ

録音はもちろん2010年8月です。
メモ録音なので、ギターのミスはお許しを。

ついでに新しい曲も録音しました。
こちらも歌詞を一ヶ所まちがえているのはお許しを^^;

時代の岸辺
プロフィール

the1212

Author:the1212
ネイチャーフォークデュオ
The1212のブログです。

ライブ情報
The1212のホームページ
The1212ライブ映像
「君の翼」最新映像
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。