スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんたも三河かん【エッセンスライナーノートvol.3】

あんたも三河かん
曲 American Traditional(Are you from Dixie?) 
訳詞 いがりまさし Dec. 1979

Key of A(Gフォーム2Capo)


A7 D / G /

G          G
1.そこゆくあんちゃん ちょいとまっとくれん
G       G
ちいとあんたに聞きたいことがある
D         D
心配せんでもええ わしゃなにも 
A7  D
怪しいもんじゃない
G       G
あんたの故郷を 聞きたいだけさ
G      G
わしの思うに あんたも三河だのん
D       D       A7
あんたのその のんきな顔に 書いてあるぞん
     G         C
※あんたも三河かん やっぱりそうかん
   G   C   G
※青い豊川の流れとる
     G           C
※わっしゃあうれしいぞん あんたに会えたでのん
     A7          D
※わしの連れたちはどうしとるかのん
      G     G    G    G7
※あんたは 豊橋かん 豊川かん 新城かん
  C      G
※豊川の流れにゃちがいないのん
     G         C
※あんたも三河かん やっぱりそうかん
        G   D   G
※なんちゅっても わしも三河だぞん

2.流れ流れて二十年 
三河のくにもかわっとるかのん
山は崩され 田んぼは埋められ 
ビルがニュキニョキ建っとるかのん

ほいでもわしの故郷はやっぱり三河だぞん
豊川は変わらず流れとるかのん
死ぬ前に一度 もう一度 帰りたいんだがのん

※くりかえし

あんたも三河かん やっぱりそうかん
なんちゅっても わしも三河だぞん


【ライナーノート】
 高校3年生のころ、アメリカンオールドタイミーといわれる、ジャンルに夢中でした。カントリーやブルーグラスの源流、アメリカ南部の白人の伝承音楽です。そのなかでも、その素朴さを維持しながらも、抜群のフラットピッキングのギターテクニックで、異彩を放っていたミュージシャンがノーマン・ブレイクという人でした。当時は、日本盤も出るほど、日本でも人気がありました。彼のLPの半分近くはインストルメンタル(演奏曲)ですが、1曲目には、さわやかで素朴なボーカルの曲が入れられていることが多いのです。ある日、新譜に針を落としてみて、すぐにこの「Are You From Dixie?」を気に入りました。
 さっそく日本語歌ってやろうと訳詞を試みましたが、自分にとってのDixieはやっぱり「三河」です。まず、「'cause I from Dixi, too」というセンテンスを「なんちゅってもわしも三河だぞん」とあてました。全体に意外なほどに直訳です。
 トラディショナルソングなので、さまざまな歌詞が存在します。私が記憶しているノーマン・ブレイクが歌っている歌詞に比較的近いのはこのサイトのものです。
http://www.bluegrasslyrics.com/node/890
 「三河弁」といいますが、この訳詞に使われているのは、三河弁の中でも、東三河(田原、豊橋、奥三河)に限られるコアな言い回しがほとんどです。刈谷や岡崎など西三河の方は首をひねるかもしれません。それだけに、今ではこの「かん、のん、ほい」を使うのは、かなり高齢の方に限られるようになりました。


【演奏ノート】
AG = LS36
 ブルーグラスで使われるGランニングという奏法です。カーターファミリーピッキングを発展させたものですが、トニックのGコードで、ベース音がオクターブを駆け上がるのが特徴です。ノーマン・ブレイクは達人なので、クロスピッキングを使って、16分音符のフレイスを弾きますが、6弦3フレットのGと、4弦2フレットのEと3弦開放のGが聴こえていれば十分です。
ノーマン・ブレイクのGランはこの動画が参考になります。
http://www.youtube.com/watch?v=I6_3Ot6EDn4&feature=related バンジョーやマンドリンを加えてブルーグラス風に楽しく演奏するのもいいでしょう。Youtubeにはさまざまなスタイルの録音があります。

ブルーグラスでは、Blue Sky Boysが演奏していますが、これはブルーグラスというより、オールドタイミーの範疇でしょうね。素朴です。
http://www.youtube.com/watch?v=FhOcxYIjsAo&feature=fvst

グランパ・ジョーンズは、バンジョーの弾き語りです。楽しいです。パワフルです。偉大です。
http://www.youtube.com/watch?v=bR-U-er3pFI

Ben Prestageという人の、ちょっとカントリーブルース風です。とにかくかっこいい。
http://www.youtube.com/watch?v=3IlwY61HcMk

※ネイチャーフォークエッセンスの楽曲は、1曲のアメリカ民謡をのぞいて、すべていがりまさしのオリジナル楽曲です。プロ、アマチュア問わずライブなどでの演奏は歓迎しています。Youtubeなどへのアップも基本的にはOKです。(問題がある場合は削除要請をすることもあります)ただし、演奏に当たっては、作者を明示すること。商業販売される録音、録画については事前にご相談ください。
スポンサーサイト

元気でやれよ【エッセンスライナーノートvol.2】

元気でやれよ
作詞・曲 いがりまさし Jun. 2011

F / C / G / C

  C     Dm       G7      C   C7
1.独り暮らしを始めるお前が 見つけた部屋に荷物を運ぶ

F      Em Am Dm   G7   C
中古で買った冷蔵庫 重たい方をお前が持てよ

C       Dm      G7   C     C7
お前の出てゆく子供部屋は 悪いが俺の趣味部屋にする

F      Em  Am Dm   G7     C
自分の城は自分で築け 遊びに来るなら泊めてやるから

F      Em    Am  Dm  G7 C C7
元気でやれよと声をかけると 心細さを夢で包んで

F         Em   Am
はにかみまじりの笑みを浮かべて

Dm   D7          G   G7   
親父も飲みすぎるなよと 生意気言った

C      Dm      G7       C C7
独り暮らしを始めるお前が 見つけた部屋に荷物を運ぶ

 F     Em Am  Dm  G7   C 
中古で買った冷蔵庫 重たい方をお前が持てよ


F / C / G / C


2.才能は財産に似てるという どちらも親から受け継ぐもの
悪いがどちらも俺にはない あとは自分でなんとかしろ

一度しかないお前の人生 思ったとおりに生きてみろ
さしずはしない 助言はするが たぶん役にはたたないだろう

※だけど ひとつだけ忘れずにおけ 幼いお前が小さな足を
※自転車にはさんで 血まみれにしたとき 
父がどれだけ うろたえたかを

※独り暮らしを始めるお前が 見つけた部屋に荷物を運ぶ
※あの自転車は置いてゆくのか そうかやっぱり置いてゆくのか

※くりかえし

  F  Fm   Em  Am  Dm    G7     C
あの自転車は置いてゆくのか そうかやっぱり置いてゆくのか

F / F G7 / C / CM7


【ライナーノート】
 2010年に長男が高校を卒業した時にあさこさんと一緒に「そっと背中を」という曲を作りました(「ネイチャーフォークの風」に収録)。これは、どちらかというと、母親が旅立つ息子へ贈る気持ちがモチーフになっています。その時から、父親から息子への気持ちを歌った歌を作りたいと思っていました。母親と違って、父と息子の微妙な距離感をどう表現するかがカギになると考えていました。
 二男を少々の家財道具とともに、入学する大学の寮へ送っていった時のことです。冷蔵庫を二人で3階の部屋まで階段で運ぶことになったのですが、つい、自分が重たいほうに回ろうとして、思いなおしました。息子の荷物だし、力だって息子のほうがあるかもしれない(内心まだ負けないとは思っているが...)、重たいほうは息子に持たせなきゃ、と。
 その時の体験が核になって、数ヶ月後の6月。根室を取材中、曲にまとまりました。

【演奏ノート】
AG = L27
Alto Rec. 2パート

80年頃のフォーク&ニューミュージック調のシンプルなアルペジオが似あいます。「親父も飲みすぎるなよと...」のところがうまく歌えるキーを見つけてください。「...浮かべて」のあと、息をしっかりはいて、深い呼吸をすると、うまく歌えることが多いです。レコーディングはKey of Cですが、ライブではC#で歌うことが多いです。また、2011年のThe1212のバースデイライブでは、Yancyにピアノを入れてもらいました。これもしっくりきます。

※ネイチャーフォークエッセンスの楽曲は、1曲のアメリカ民謡をのぞいて、すべていがりまさしのオリジナル楽曲です。プロ、アマチュア問わずライブなどでの演奏は歓迎しています。Youtubeなどへのアップも基本的にはOKです。(問題がある場合は削除要請をすることもあります)ただし、演奏に当たっては、作者を明示すること。商業販売される録音、録画については事前にご相談ください。

はるにれ【エッセンスライナーノートvol.1】

ネイチャーフォークエッセンスの曲を、一曲ずつ紹介してゆきたいと思います。

はるにれ
作詞・曲 いがりまさし May 2011
Key of B(Gフォーム4Capo)

G / D / Em / Bm / C Am7 / G Em / CM7 Am7onD / Gsus4 / G

   G     D      Em   Bm   C
1.霧の中にたたずむ 孤独なはるにれの木

Am7 D7  G   Em  CM7  C#dim Am7onD D7
いつの頃からこの地に その根を下ろしたのか

G     D    Em Bm   C
大空にあふれる 光と水を浴びて

Am7 D7  G Em  CM7 Am7onD Gsus4 G
命の   尊さを 大地につなぎとめる

  Em Bm C  G  C C#dim Am7onD D7
※幾万回もの朝焼けを 君は迎えたことか

  Em Bm C  G  C C#dim Am7onD D7
※幾万回の嵐の夜を 君は過ごしたことか

 G     D     Em   Bm   C
▲霧の中にたたずむ 孤独なはるにれの木

 Am7 D7  G  Em CM7 Am7onD Gsus4 G
▲悠久という名の時が 君の梢に宿る

G / D / Em / Bm / C Am7 / G Em / CM7 Am7onD / Gsus4 / G


2.この世から悲しみが 消えないそのわけを
涙を流すことのない 君なら知ってるかい

人はどこから生まれ どこへ帰ってゆくのかを
どこにも動くことない 君なら知ってるかい

幾万羽のヒバリのさえずり 君は耳にしたことか
幾万人の人の涙を 君は目にしたことか

▲くりかえし

※くりかえし

▲くりかえし

悠久という名の時が 君の梢に宿る


【ライナーノート】2011年の5-6月の北海道の取材中に作りました。先輩植物写真家の姉崎一馬氏が、1973年に写真絵本「はるにれ」という本で紹介した、豊頃町にあるハルニレの木がテーマです。この年、久しぶりにこのはるにれを訪れました。
大震災から3カ月。人間という存在がどれだけ小さいか、命という糸がいかに細くてはかないものであるか、思い知らされました。
北海道の歴史をすべて見降ろしてきた、樹齢140年のはるにれ。彼なら、なにかを知っていそうで、問いかけてみたくなります。むろん、木は口を開きはしませんが、黙したまま、一番大事ななにかを語ってくれようとしているのかもしれません。

【演奏ノート】
AG(L-27)
Tenor Rec.
EB

作曲当初は、3apoのB♭で歌っていましたが、その後半音あげて歌っています。自分の声としてはここがベストのようですが、Bメイジャーは、楽器によっては演奏が困難です。テナーリコーダーもかなり吹きにくい調ですが、なんとか演奏しています。標準的な男声ボーカルなら、2CapoCフォームのDくらいが歌いやすいと思います。女性なら、Gフォームの2-3Capoくらいでしょうか。どちらかというと男声ボーカルで歌ってほしい曲です。男声合唱の編曲もいいだろうと思って書きかけていますが完成していません。
ギターのアルペジオは、CM7-C#dim-Am7onD-D7のベースラインの流れを出すと雰囲気が出ます。

※ネイチャーフォークエッセンスの楽曲は、1曲のアメリカ民謡をのぞいて、すべていがりまさしのオリジナル楽曲です。プロ、アマチュア問わずライブなどでの演奏は歓迎しています。Youtubeなどへのアップも基本的にはOKです。(問題がある場合は削除要請をすることもあります)ただし、演奏に当たっては、作者を明示すること。商業販売される録音、録画については事前にご相談ください。
プロフィール

the1212

Author:the1212
ネイチャーフォークデュオ
The1212のブログです。

ライブ情報
The1212のホームページ
The1212ライブ映像
「君の翼」最新映像
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。